楽しみな沖縄旅行、でも用心のための3つのこと!

意外と忘れがちな防寒対策!

沖縄の気候は4月〜5月が季節の中で一番すごしやすいのですが、自宅を出かけるときはまだ寒い場合があります。沖縄本島も朝晩は肌寒い日が多いので、軽量のスリムダウンのような荷物にならない防寒着を一着持った方が良いでしょう。また飛行機や空港内ロービー、ホテルなどは冷房が効きすぎる場合もあるので、特に女性の方は薄手のカーデガンや、長袖のTシャツを持った方が良いかもしれません。折角の沖縄旅行で体調が悪くなったら、楽しい旅が台無しなります。体調管理には注意が必要です。

女性の天敵、紫外線に注意!

沖縄と言ったら青い綺麗な海と空ですが、海に行かなくても空には注意です。近年はオゾン層の弱体化で紫外線が強く、沖縄では特に日差しが強いため肌の弱い方は日焼け対策が必要です。サングラスや帽子は勿論、日焼け止めクリームをこまめに塗り、それでも心配な方は薄手の長袖の服を着た方が良いかもしれません。また沖縄は日中温度が高くなるので、熱中症対策として水やスポーツドリンクを常備しておいた方が良いでしょう。

突然の雨に注意!台風が来たら部屋でのんびりと!

沖縄本島は季節によって突然雨が降ることも珍しくありません。最近では日傘と雨傘兼用の傘があるので、観光地を見学するときには常備しておくと便利なアイテムです。沖縄諸島は6月〜10月までは、いくつもの台風が通過していきます。万が一滞在中台風が来てしまったら、海には決し近寄らずに外出せずにホテルに居ましょう。沖縄に上陸する台風は勢力が大きく、特に強風で街路樹もなぎ倒される程危険です。ホテルで休暇だと割り切り食事を楽しんだり、読書やDVDを鑑賞したりしてのんびりした時間を過ごしましょう。

アドドドヴェンチャーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です