次の休日はマレーシアへ!マレーシアの魅力3選

フレンドリーで親日的

マレーシア人は大きく分けて、マレー系、中華系、インド系の3民族で構成されています。それぞれの民族が上手く融合して、お互いの宗教や慣習を尊重し合い、非常に寛容で多様性のある国です。多民族文化に慣れているため、日本人に対しても友好的で、観光客であってもすんなりとマレーシアの文化に溶け込むことができるのです。1つの国で、3つの文化を体感できる非常に魅力的な国です。

英語が通じるので旅行がスムーズに運ぶ

マレーシアの公用語はマレー語ですが、英語教育にも力を入れているので、英語が通じ、言語によるストレスを感じることがあまりありません。特に都市部では、お年寄りでも流暢な英語を話します。観光地やショッピングモールでは、英語表記されていますので全く心配はありません。旅行中に不便を感じることはまずないと言えるでしょう。

マレー語もアルファベット表記で、発音も簡単なので、覚えておくと役に立ちます。多言語に慣れているので、マレー語と英語をミックスして話しても、誰も気にしません。臆せずどんどん話しかけてみましょう。

料理が日本人の口に合う

マレーシアでは、マレー料理、中華料理、インド料理はもちろんのこと、それぞれの料理が融合したさまざまな料理を味わうことができます。どれも日本人好みの味で飽きることはないでしょう。

マレーシアで是非食べていただきたいのは、国民食と言われるナシレマです。ココナッツで炊いたご飯にサンバルという甘辛のソースを添えて頂きます。毎日食べても飽きないほど、中毒性のある味です。マレーシアでは旅行中に日本食が恋しくなる隙を与えないくらい、刺激的で美味しい料理を存分に楽しむことができるのです。

アドドドヴェンチャーを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です